【波多野結衣】足を捻った結衣を介抱している時に、嘘がばれてしまい自分を蔑む健二に優しい言葉をかける結衣