【一色桃子】そんなある日、桃子先生が臨時で僕のクラスにやって来た