【篠田あゆみ】しかし習慣とは不思議なもので、あゆみはある種の淋しさを覚えるようになった