【水野朝陽】そして朝陽は清隆に対する溺愛ぶりが日に日に大きくなっていた…