【大沢美加】道端の仮設トイレに拘束され、用足しにやって来た汗くさい労働者たちに次々と己の欲望をぶちまけられる