【西野翔】そんな優子を遠くから見つめる男が一人 同僚の菅沼である