【田中ユカリ】その習字の先生は曲者だったのだ…