僕の視線に気づくとニッコリ笑顔で、「そんなに見たいなら見せてあげる」