【篠田あゆみ】それゆえ傲慢な夫には逆らえず、日々言いなりとなって過ごしていた