【阿部乃みく】微かな反発はあったものの、みくの美しさに心惹かれるものを感じていく